3月19日(火) | 愛知芸術文化センター 地下2階アートプラザ内ビデオルーム

現代・音楽リレーレクチャー2018-2019 「マウリシオ・カーゲル《ACUSTICA》創造される楽器と音響空間」

アルゼンチンの作曲家カーゲルの代表作のひとつ《Acustica》(1971)は、楽器そのものから自作し演奏することで、既存でない新しい音響を作り上げることに大きな特徴がある。初演当時の資料、また2018年3月6日東京で上演した際に製作した楽器の写真や映像とともに、作品の詳細とリアライズの様子を紹介する。
お申し込みの受付は終了しました。
現代・音楽リレーレクチャー2018-2019 「マウリシオ・カーゲル《ACUSTICA》創造される楽器と音響空間」

日時・場所

2019年3月19日 19:00
愛知芸術文化センター 地下2階アートプラザ内ビデオルーム, 日本、〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目13−2

イベントについて

アルゼンチンの作曲家カーゲルの代表作のひとつ《Acustica》(1971)は、楽器そのものから自作し演奏することで、既存でない新しい音響を作り上げることに大きな特徴がある。初演当時の資料、また2018年3月6日東京で上演した際に製作した楽器の写真や映像とともに、作品の詳細とリアライズの様子を紹介する。

http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/iframe/detail2018/18_cmls/index.html

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア