4.jpg

山田岳(やまだ がく) - ギタリスト、パフォーマー

 

中学生のときジミ・ヘンドリクスに憧れエレキギターを始める。その後ブルースやヘヴィメタル、プログレ、クラシック、古楽、実験音楽、ノイズなどに傾倒。

現在は現代音楽の演奏を活動の主軸とし、広く内外の作曲家との交友を通して

多くの独奏曲や室内楽、協奏曲などの初演に携わり、ギターのための新しい

レパートリーを開拓している。またアコースティックギター、エレクトリックギターに加え19世紀ギター、バロックギター、リュートなどピリオド楽器の演奏も得意とし、時代にとらわれない幅広いレパートリーを持つ。

NHK-FM「現代の音楽」にて、東京オペラシティにて開催されたエレクトリックギター・ソロリサイタルが2回に渡り特集される。​

近年の活動領域はギターほか声や自作楽器を用いたパフォーマンス、演劇、ダンス、インスタレーション制作など多岐にわたる。

サントリー音楽財団サマーフェスティバル、ベルリン・ランドシュピーレ、

あいちトリエンナーレ、トーキョーエクスペリメンタルフェスティバル、秋吉台の夏など多くの音楽祭に客演。海外からの招聘も多く、これまでドイツ、ベルギー、ハンガリー、ロシア、マレーシア、中国、シンガポール、ベトナムの各都市にて公演、また東京藝術大学、東京音楽大学、国立音楽大学、北京大学(中国)、ゲント音楽院(ベルギー)、ラサール芸術大学(シンガポール)、セギ大学(マレーシア)、ハノイ音楽院(ベトナム)などにゲスト講師として招かれレクチャーやマスタークラスを行う。

これまでにALM Recordsより2枚のソロアルバム「Ostinati」「melodia」、土橋庸人(gt)とのデュオアルバム「ARCS」を発表。そのすべてがレコード芸術誌にて特選盤およびレコードアカデミー賞にノミネートされ、2ndアルバム「melodia」が第75回文化庁芸術祭レコード部門にて優秀賞を受賞。

そのほかFontec、Art'n art、Kreuzberg Records(ドイツ)、Odradek Records(アメリカ)などからも多数録音がリリースされている。

ソプラノの太田真紀と共に企画主催・主演を務めたオペラ「ロミオがジュリエット Romeo will juliet」(足立智美作曲、あごうさとし演出)が第76回文化庁芸術祭音楽部門にて大賞、およびサントリー芸術財団第21回佐治敬三賞を

それぞれ受賞。

第9回現代音楽演奏コンクール"競楽IX”第1位。

第20回朝日現代音楽賞を受賞。

桐朋学園芸術短期大学、福山平成大学非常勤講師。

Biography