top of page

3月22日(金)

|

かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール

東京現音計画#20~コンポーザーズセレクション7:野平一郎〜回想のイティネレールと「飽和」(サチュラシオン)

ひとりの作曲家にディレクションを託す「コンポーザーズセレクション」第7回目は、作曲家・指揮者として日本のクラシック音楽、現代音楽界を牽引し続ける野平一郎が登場。 プログラムされるのは、野平自身が80年代に参加したフランスの著名な音楽グループ「イティネレール」のレパートリーから、脱中央的なまなざしを持つ作品群。 まさに80年代から続く薫陶を全身に受けてきたメンバーが温めてきた渾身の企画、お立ち合いを。

受付が終了しました
他のイベントを見る
東京現音計画#20~コンポーザーズセレクション7:野平一郎〜回想のイティネレールと「飽和」(サチュラシオン)
東京現音計画#20~コンポーザーズセレクション7:野平一郎〜回想のイティネレールと「飽和」(サチュラシオン)

日時・場所

2024年3月22日 19:00 – 23:00

かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール, 日本、〒124-0012 東京都葛飾区立石6丁目33−1

イベントについて

プログラム ヤン・マレシュ《ティチューブ》チューバのための(2001) ラファエル・センド《バッドランズ》打楽器のための(2014) フランソワ・ブーシュ《エコー分裂》エレクトリック・ギターのための(1986) ヤン・ロバン《5つのミクロリュード》ソプラノ・サクソフォンとエレクトロニクスのための(2005) ユーグ・デュフール《マティスによる「赤いアトリエ」》エレクトリック・ギター、サクソフォン、ピアノ、打楽器のための(2020) ミカエル・レヴィナス《空間ピアノのエチュード》(1977/2010) 野平一郎《忘却のテクスチュアI》サクソフォン、チューバ、ピアノ、打楽器とエレクトロニクスのための(2023-2024 委嘱・世界初演)

このイベントをシェア

bottom of page