5月11日(水)

|

杉並区

ミニマリズムとその周辺 〜 日本とアメリカ〜

アメリカン・ミニマリズムの代表的な作曲家3人と日本の2人の作品を集めたコンサートを開催します。 テリー・ライリーは近年日本に移住したこともあって若い層からも再び注目されていますが、今回演奏される『Taboo Danzas』はなかなか聴けないレアな作品と思われます。 ご来場をお待ちしております。

チケットは販売されていません
他のイベントを見る
ミニマリズムとその周辺 〜 日本とアメリカ〜

日時・場所

5月11日 19:00

杉並区, 日本、〒167-0043 東京都杉並区上荻1丁目23−15

イベントについて

<プログラム> テリー・ライリー/Taboo Danzas(2002)  *日本初演 フィリップ・グラス/Music in Contrary Motion(1969) トム・ジョンソン/ナーラヤーナの牛(1989) 近藤譲/Standing(1973) 鈴木治行/円周(2022/委嘱新作)  *世界初演

クラリネット:岩瀬龍太 ギター、バンジョー:山田岳 ピアノ:川村恵里佳 語り:鈴木治行

前売一般3,000円(学生2500円)、当日3,500円

●チケットお取り扱い カンフェティチケットセンター https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=65514& 0120-240-540 (受付時間 平日10:00~18:00) ≪WEB予約の注意事項≫ ・ご予約前に、お得な公演チケットサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)が必要となります。 ・セブン-イレブンの発券手数料がかかります。

お問い合わせ:circuitiucric@gmail.com 080-5496-6854(石塚)

主催:CIRCUIT

このイベントをシェア