3月26日(木) | 東京オペラシティ リサイタルホール

アンサンブル・コンテンポラリーα 定期公演2020『歪み、隔たり、ベートーヴェン』

アンサンブル・コンテンポラリーαは、ベートーヴェンの生誕250年にあたる本年、奇しくも彼の命日に公演を実施することとなった。19世紀ロマン派の音楽が「ポスト・ベートーヴェン」の用語で語られるように、この時代の多くの作曲家にとって、ベートーヴェンの作品は乗り越えるべき壁として君臨していた。また、20世紀後半の作曲家たちの一部は、新たに開拓された響きやノイズによって、ベートーヴェンとの新たな関わりを打ち出した。このような経緯や潮流を踏まえて、本公演は、「ベートーヴェン」との関係性の中に、21世紀以降の創作としての新たな音響を創造することを目指す。 M.カーゲルの《騒音芸術》と、彼がベートーヴェ
お申し込みの受付は終了しました。
アンサンブル・コンテンポラリーα 定期公演2020『歪み、隔たり、ベートーヴェン』

日時・場所

2020年3月26日 19:00
東京オペラシティ リサイタルホール, 日本、〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目20−2

イベントについて

■マウリシオ・カーゲル:騒音芸術(1994/1995)

  for a percussion player and an assistant 神田佳子(perc.)

■田村文生:Strain(2020初演) 

  for clarinet and string quartet

■鈴木純明:Moja-Moja Beethoven (2020初演)

  for clarinet, violoncello and guitar

■北爪裕道:Spark Extensions(2020初演)

  for flute, oboe, clarinet, bassoon, percussion, 

  guitar, violins, viola, and violoncello

  (アンサンブル・コンテンポラリーα 2020年委嘱作品)

■伊藤弘之:ディスタンスィズ II(2020初演) 

  for oboe, violin, viola, violoncello, and piano

■マウリシオ・カーゲル:《ルードヴィヒ・ヴァン》 (1969) 

  for flute, oboe, clarinet, bassoon, 

  guitar, violin, viola, violoncello, and piano

お申し込みの受付は終了しました。

このイベントをシェア